育毛剤ランキングで今月の1位は

育毛剤ランキングで今月の1位は

チャップアップ(CHAPUP)
CHAP UP(チャップアップ)に含まれる成分は様々な学会等で「育毛に効果がある」と発表され、多くの文献にも記載されているものです。 そのためそれらを多く独自配合しているチャップアップは非常に多くの専門家・メディアより非常に効果が高い育毛剤として評価されています。

 

THE SCALP5.0
育毛業界で話題の成分「キャピキシル」を配合。医療品成分ミノキシジルの約3倍の成長力!!薄毛時代に終わりを告げる!「アセチルテトラペプチド-3」と「ビオニカンA」の2つを合わせて出来たのが、キャピキシルです。キャピキシルは脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく向上させることが可能になりました。副作用がない、育毛業界期待の新成分です。

 

薬用ポリピュア
発毛促進、脱毛の予防をもっとダイレクトに感じたい! その夢を叶えるため、長い長い研究の末、ついに発見したのが長鎖分割ポリリン酸です。 これまでのケアでは触れられていなかった「発毛促進」のスイッチに初めて触れるわけですから、その結果は国際特許で認められるほどの驚くべきものでした。「本当に困っている方々にもこれで本当に喜んでいただける。」 そう思うと震える思いでした。

 

髪の毛が薄くなるにはそれなりの理由があるのではないでしょうか。実のところ、こんなにいろいろな技術が進歩した世の中であっても「ハゲの原因」というのは正確には把握されていないようです。禿げる原因については基本的に「うわさ」の世界で留まっているのです。
 私の友人は20歳代前半から「やばい!絶対になくなる!」といって髪の薄さを嘆いていました。実際に30歳代になる前にははっきりと「ハゲてる!」とわかるほどに髪の毛が薄くなっていたのです。後に彼はカツラをかぶることで対応していましたが、40歳前にはそれもやめ、自然体でいくことを決意したようです。不思議なのはなんで彼はそこまで早くして「髪の毛がなくなってしまったのか?」ということです。
 「体質?」などいろいろな話をしたこともあります。体質というのは毛がものすごく細かったということです。しかしながらなぜそこまで毛が細かったのかの原因は全くわかりませんでした。ここ10年ぐらいになって「毛根」とか「生え際」などという言葉を育毛剤メーカーやカツラメーカーのTVコマーシャルで覚えましたが、かれが20代のころには大きななぞだったのです。
 どの育毛剤を利用していたのかは定かではありませんが、彼は20歳になったころから一生懸命髪の毛のケアをしていました。「これが効くぞ!」といわれれば、すぐにとりかかっていましたし、いろいろな育毛剤を試したようです。「育毛剤で救われた」という人もいますし、「うまくいかなかった」という人もいるようです。日々の手入れの方法がいけないのか、それとも体質がよくないのか本人たちにもわかりません。
 一説によると「ハゲというのは遺伝が関係しているようだ」とも言われています。「オレのじいちゃん、オヤジともにツルッぱげだから、オレもきっとそうなる。。。」といっていた友人もいました。彼の場合は竹を割ったような性格の人だったので「禿げたらハゲでしょーがねーだろ」というふうに構えていたようです。ところが「オレは絶対将来ハゲになる」と言っていた、その40歳代になった友人に最近久しぶりに会ったときに驚きました。「まだ生えてるじゃん!」確かに髪の毛は薄くはなっていましたが、禿げというほど薄くありません。「育毛剤でがんばったのがよかったみたい」と言って笑っていました。植毛やカツラなど人工的な方法ではなく、できる限り自然な方法で維持したいというチャレンジ方法だったのです。それを助けてくれたのは育毛剤だったようです。
原因がハッキリしないことへの対処法ほど大変なものはありません。はげはその中でも一番対応しにくいものではないでしょうか。